FC2ブログ
お花の学校でおこる日々のあれこれ++
ごあんない
タカコアートスクールホームページ
花をトータルに学べるフラワースクールです!お花とともに歩んで45年以上のスクールです。
兵庫県神戸市、大阪府を中心にフラワーアレンジのお教室をしています。
生花、プリザーブドフラワー、アートフィッシャルフラワー、様々なコースがあります。
そのほか、【花で心を癒すフラワーセラピスト養成講座】も、人気ですよ♪

花の資格取得も出来ます。趣味でずーっと学べます!
季節のお花で、毎日を彩りのある花のある生活を楽しみましょう!
このブログでは、主に生徒さんのレッスン作品を掲載しています。
初心者の方もベテランの方もそれぞれの楽しみ方で過ごしていただいております。

新着情報
○タカコアートスクールのホームページの全面リニューアルが、ひとまず完了しました!
 コンテンツ等も充実した内容であふれていきますので、サイトの方もよろしくお願いします!!
 過去のイベント情報なども閲覧できます。イベント情報のページから覗いて見てください。
 その他のイベント案内、イベントレポートなどは、主に
タカコアートスクールホームページの方で掲載しています!

■タカコアートスクールでフェイスブックも始めました。
アカウントをお持ちの方は、是非ごらんください。

こんにちは。
大阪梅田校のフラワーデザインコースです。

梅雨に入ってちょっとジメジメした空気になってきましたけれど、
みなさんいかがお過ごしですか。

さて、今回のレッスン作品写真を頂きましたので、ご紹介です。
テーマは、ストラクチャー(表面上の構成)です。



ume-144-200620.jpg


大人っぽさとかわいらしさが同居した素敵な作品ですね。

ではまた~。

こんにちは。
タカコアートスクールフラワーデザインコース大阪梅田校です。

新型コロナウイルスの影響で、しばらくお休みしておりましたが、
少しずつ、日常が戻りつつある中、レッスンも少しずつ再開しました。

しばらく外出自粛が続き、お花に触れたいとの要望も多くいただいている中、
十分に注意して、レッスンを始めています。
季節が、ひとつふたつとすぎ、外でお花をめでる機会がなく、
溜まったストレスの解消に少しでも役立てていただkれ場と思います。


さて、今回のテーマは『リピート』

ume-142-200530.jpg

ちょっぴり意味深なテーマではありますけれど、
何気ない日常が少しずつでも戻って来ますように。
これから次第に熱くなってきますけれども、
油断せずにしっかりと対策をして、みんなで感染拡大防止をがんばりましょう。
こんにちは。
大阪梅田教室のフラワーデザインコースです。

世間では、新型コロナウイルスの影響で、大変な事態になっています。
まずは、基本の手洗いうがいが大切ともいわれていますので、十分に注意しましょう。

さまざまところで自粛が推奨されている中、
わがタカコアートスクールもいくつかの教室をお休みさせていただいていますが、
今回、レッスンの作品を送っていただきました。
ありがとうございます。



ハンドタイドブーケ。
ポイントは、マスタードイエローのフレームとお花の色の対比です。

発色良い黄色と花の色がとても鮮やかできれいです!



こんな時だから、お花の優しさにふれて、ひと時でも気が紛れてくれればよいですけれど、
レッスンに参加したから・・・と、ならないように、こちらも十分に消毒等に注意して考えて行動をしなければなりません。
どこで感染するかもわからないような状況、一刻でも早く終息に向かうように一人一人の心がけが大切ですね。
みなさん、十分に注意してお過ごしください。
こんにちは。
大阪梅田校のフラワーデザインです。

レッスン作品の写真が届きましたのでご紹介~。



雰囲気ある作品で、丁寧に作りこまれていて素敵ですね!

また次回お楽しみに^^
2020年も始まって1月も後半に差し掛かったところではありますが、
あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

今年も、タカコアートスクールは、地に足をつけてお花とともに歩んでいきたいと思います。

さて、今回は、神戸ロイヤル校でのフラワーセラピスト養成講座フラワーのレッスンでした。
レッスン作品写真と感想を頂きましたので、ご紹介いたします。



3級 『小寒』
「今回は360度どこから見ても花が入ってる様に花器を回しながら全体を意識して入れていきました。
ラウンドの後ろにミスカンサスで流れを作り出すところが少し迷ったのですが、先生のアドバイスで一気に華やかさが増し、角度を入れることや本数を使い、さらに流れが出来ることをこれからも意識していきたいです。」



新しく知ることや小さな発見も、積み重なれば大きな成果として表れてくれると思います。
まずは、楽しみながらひとつずつ一緒に学んでいきましょ。

ではまた、次回~。